北海道の地元工務店でマイホームづくり

北海道で暮らす兼業主婦がマイホームを建てる記録

掃き出し窓って必要?この間取りならいらない?~わたしの考え~

f:id:haachan65:20210617165126p:plain

日本のリビングには定番の大きな掃き出し窓

外国ではあまり見かけないこの窓の必要性を考えてみました。

 

 

    リビングといえば、大きい窓に憧れるよね!

 夢のマイホームには、大きい窓に吹き抜け、お家全体がいつも明るい!なんて、憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか。

 

そんなリビングの大きい窓=掃き出し窓 について詳しくご紹介します!

 

掃き出し窓について

掃き出し窓って?

 掃き出し窓とは、昔部屋の掃除をする際にほうきでゴミを”掃き出す”ためのものが由来となっているようです。

高さが床から2mほど、幅も1.8m程度といった開放感のある大きいものが一般的です。リビングにあったという方も多いですよね。

お庭やバルコニーに出る際に使用するなど、人の出入りができるものです。

  

掃き出し窓のメリット

部屋が明るく、風通しが良い

やはり窓が大きいと太陽の光を多く取り込めるので、部屋が明るくなりますよね。南側にリビングを持ってくることが多いのは、やはりメインで過ごす空間を明るくするためです。

暑い時期も窓を開けることで涼しい風が入ってくることでしょう。

大きい窓があるだけで開放感がちがいます。

外への出入りが楽

掃き出し窓のところにバルコニーやお庭を予定している方も多いのではないでしょうか。その場合は、玄関に行かずとも簡単に外に出られるのはいいですよね。洗濯物を外干しするのも楽ちんです♪

大きい家具などの搬入が楽

マイホームを建てると同時に家具を新調する方も多いと思います。ソファや冷蔵庫、ベッドなど大きい家具は運ぶのが大変、、でも、大きい掃き出し窓があれば玄関より簡単に搬入できちゃいます!

 

掃き出し窓のデメリット

外からの視線が気になる

掃き出し窓は大きいので、外からの視線が気になってしまうことも。それを避けるためにも、道路側につけないことをおすすめします。

日中でもそのせいでカーテンを開けられないなどとなってしまえば、せっかくの大きな窓が台無しです。

防犯面が心配

空き巣などの犯罪被害の多くは「窓」から侵入されて起こっているようです。鍵を二重ロックにするなど、他の窓に比べて防犯面を強化する必要があります。

断熱性能が落ちる

日本の場合、大きな掃き出し窓は引き違い窓が採用されることが多いです。こちらは、滑り出し窓など他の窓に比べて断熱性能が落ちてしまいます。冷暖房が効きにくくなりがちです。

落下や脱走の危険!?

お子さんが小さい家庭だとこんな危険性もあります。勝手に鍵を開けて外へ飛び出してしまったり、バルコニーなどがなければ落下してケガをしてしまうことも・・。鍵の位置を高くするなど工夫が必要です。

 

わたしの結論

メリット・デメリットとご紹介してきましたが、掃き出し窓の必要性についてわたしの考えは、、、

 

 

 

掃き出し窓はいらない!!

でした(笑)

 

私の考えをまとめると、

 ・外からの視線が気になる

  うちの間取りだと道路に面していませんが

  やっぱり外からの視線が気になっちゃう

 ・断熱性能が落ちる

  引き違い窓だと冬寒いと思う!

  トリプルとかにする余裕もないと思うので

  他の窓にして気密性を上げたい

 ・外への出入りしなくてOK

  ベランダもバルコニーもなし!

  外干しもしないので、そこから

  出入りしないと思う

 ・家具の搬入も心配なし

  この狭いアパートに入れられたものを

  新築戸建てに入れられないわけがない!

  と思っている←

 

という理由から、我が家は腰窓に変更予定です。

そこに、パソコンデスクを置きたいからというのも理由の一つです。

・・と思ってたけど、窓際にパソコンはあまりよくないですよね^^;

腰窓だと他の家具を置くにも便利かな♪

 

まとめ

我が家の結論は、

掃き出し窓はいらない!腰窓に変更

 

でしたが、皆さんのお家はどうですか?

あってよかった!いらなかった!という先輩ビルダーさんや、こうする予定です!というマイホーム計画中仲間さんの声をぜひ聞かせてください♪

 

 

よかったらクリックして、応援お願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村